院長・獣医師高安 淳 Atsushi Takayasu

経歴:麻布大学獣医学科 放射線学講座

50代になり膨れ上がる腹周りを抑えるため、ランニングを数年前より始めました。最初は、1キロ走るのに息を切らしていましたが最近では楽に走れる距離も伸びてきたように思います。動物医療も同様で、一歩一歩毎日の積み重ねにより知識が増えていくことを痛感しております。
動物医療は日々進歩しゴールはありませんが、まずはフルマラソン完走を目指して鍛錬し、心身共に充実した獣医師、より良い病院を目指していきます。

副院長・獣医師熊倉 梓 Azusa Kumakura

経歴:北里大学獣医学科 第1外科学研究室

近年動物の病気は多様化し、治療の選択肢も拡がりました。ペットとご家族にとって最適な治療法を選択できるようとことんお話し、分かりやすく丁寧な説明を心掛けています。
病気は日常の小さな変化から発見されることも多いです。ご不安な事がございましたら何でもお気軽にご相談下さい。

獣医師(非常勤)水野 祐 Masashi Mizuno

経歴:北里大学獣医学科 家畜病院研究室
   どうぶつ循環器病センター勤務

2010年、獣医循環器認定医の資格を取得しました。また現在、日本大学獣医内科学研究室に研究生として在籍し、心臓外科手術に参加しています。循環器分野もとても奥が深く、まだまだ勉強が必要です。ただ、日々の診察の中で少しでも心臓病に苦しむペットや飼い主さんのお力になれればと思います。我が家では2匹のネコがのんびり暮らしています。元はイヌ派人間でしたが、彼らに癒され、いつしかネコ派に寝返りました。

獣医師佐藤 文子 Ayako Sato

経歴:北里大学 小動物第2外科学研究室

ペットの長寿・高齢化に伴い、ガンや心臓病などで来院される患者さんが増えています。そんな患者さんたちの助けになれればと循環器の認定医を志し、日々進化していく情報に必死に追いつこうと勉強する毎日です。
また2012年にJAHA認定パピーケアスタッフ養成講座を修了しました。病気のことに限らず日常的な困ったことについても気軽にご相談いただき、微力ながらお力になれればと思います。

獣医師高橋 一馬 Kazuma Takahashi

経歴:日本大学獣医学部 内科学研究室

大学では主に心臓外科を専門に勉強してきました。最近はペットも高齢化が進み心臓病を患うペットが増えてきました。心臓病の初期の段階では目にみえるような症状がないことが多く、密かに進行している場合があります。
そんなペットたちの些細な変化を見つけ、オーナーさんとペットのより良い生活に貢献できればと思っています。

獣医師山田 修造 Shuzou Yamada

経歴:岩手大学 小動物病態内科学研究室

動物医療の世界は奥が深く、日々進歩しているので、その進歩に遅れることなく昨日の自分より少しでも成長し、ペットや飼い主様の力になれるよう日々勉強を重ねています。
現在、ペットは家族の一員として欠かせない存在となっており、皆様がペットと少しでも長く、一緒の時間を送れるよう、飼い主様と共に最善の治療を考えていきたいと思います。

VT柳田 美貴 Miki Yanagida

経歴:ちば愛犬動物学園 動物看護コース

2歳の頃からずっとネコと一緒に生活しているので、ネコのいない暮らしは考えられないほどの大のネコ好きです。今は患者さんがきっかけで出逢えた黒猫の『にゃー』を溺愛しています。
看護師である前に飼い主として患者さんと同じ目線でいられるようにいつも心がけています。

VT山田 紗希 Saki Yamada

経歴:東京愛犬専門学校 動物看護学科卒

私が小学生の時に、我が家へ迷い込んできたゴールデンレトリバーと暮らしています。もう約10歳になりますが、ボール遊びに目がなく、迷い込んできた当時のやんちゃぶりは今も健在です。毎日振り回されながらも楽しく過ごしています。皆さんにもワンちゃん、ネコちゃんと楽しい日々を送っていただくため健康面でのサポートが出来るよう勉強していきます。

VT小川 香菜子 Kanako Ogawa

経歴:ちば愛犬動物フラワー学園 動物看護科

2匹のコーギーと1羽の文鳥と暮らしています。子供の頃から動物好きで、小動物から大動物、爬虫類に至るまで動物なら何にでも興味があります。
特にカバがお気に入りです!ペットにとって動物病院は「嫌なところ、怖いところ」だと思いますが、少しでも不安を減らしてあげられるようサポートして行けたらと思います。
いつも明るく元気に笑顔でがんばります。

VT加賀谷 桂子 Keiko Kagaya

経歴:東京デザイナー学院

小さい頃の愛読書は、動物の言葉がわかるお医者さんの物語『ドリトル先生シリーズ』でした。
もちろん、私は動物たちと直接お話しすることは出来ないのですが、少しでも動物たちの気持ち、患者さんの気持ちに寄り添ったケアができるようにと常に心掛けています。

VT渡辺 日和 Hiyori Watanabe

経歴:ヤマザキ短期大学 動物看護学科卒

新潟県出身で猫とお米をこよなく愛しています。実家では20歳を目前にした猫を飼っています。
どんなことでもアドバイスが出来る看護師を目指しています。

VT高田 花子 Hanako Takata

経歴:中央動物専門学校 動物看護科卒

小さい頃より動物が好きで、家では14歳になるM・ダックスと暮らしています。病院にいらっしゃる時はペットも飼い主様も不安でいっぱいだと思いますが、少しでもその不安を和らげられるような動物看護師を目指しています。
プライベートでは250CCのバイクに乗ってツーリングを楽しんでいます。
(身長153cmでも乗れますよ!!)
元気と笑顔を取柄にこれからも頑張ります。

VT松丸 明香寧 Akane Matsumaru

経歴:ちば愛犬動物フラワー学園 トレーニング学科

我が家では1頭のチワワと暮らしています。体重7kgの少し?やや?大き目のチワワです。お友達を作るのは少し苦手ですが、甘えん坊で家族を明るくしてくれる大切なパートナーです。
専門学校ではドックトレーニングを専攻していました。飼い主様が大切なパートナーと幸せな生活が送れるよう、健康面だけではなく、しつけの点でもサポートできればと思っています。思いやりを持ち、ペットからも飼い主様からも信頼される看護師になれるよう頑張ります。

がんも <三代目看板犬>

やんちゃで元気だけが取り柄です。まだまだ半人前ですが、今後も看板犬として頑張ります。

ピチロ

人が大好きな甘えん坊さんですが、ぐーちゃんとも遊んであげ面倒見が良い一面も。年を重ね性格も穏やかになり、院内の癒し系です。

ちょき

とっても気分屋で甘えてくる時もあれば急に本気で怒ってくることもある“THE猫”な性格。そんな性格ですが、仔猫の頃から自分の指をしゃぶるクセが大人になった今でも止められないかわいい一面も!!

ぐー

誰よりも声が大きく、特にごはん前は別の部屋にいても聞こえるほど大声でおねだりアピールします。遊ぶことが大好きで、ねこじゃらしは一気に2つくわえて離さないほどのお気に入り♪